ARS LOCUS 大人の小学校 アーズローカス

イベント紹介

2018今村喬臣(たかしげ)作品展のご案内

緑の美しい季節ですね!!
前回の作品展から早や2年、会員の今村喬臣さんが「傘寿記念」の作品展を開催されます。

日時:5月2日(水)~4日(祝・金)
10:00~17:00(最終日は16:00迄)
場所:アーズローカス 5F ホール
※一般の方もどうぞご自由にご覧ください。
  

以下、今村さんからのメッセージです。
この4月初めに元気に「傘寿」を迎えました。
「傘寿を記念して」旧作に新作を加えた作品展を計画しました。
何分にも前作の作品展の後始末も終わってない中での開催です。そのつもりでお気軽に「唯見るだけ展」においで頂ければ幸甚です。

2018年05月2日

壬生狂言を観に行こう

5月1日(火) 壬生狂言を観に行ってきました。
今回参加の皆さんは私(スタッフ小柳)を含め、京都に長年暮らしていても、壬生狂言は初めてというメンバーさんばかりです。
どんな感じなんだろうなぁとちょっとウキウキしながら、並んで会場に入ります。狂言の舞台は壬生寺山内にある保育園の2階に設えられた観覧席から観る体裁です。面白~い。


仏の教えを優しくいろんなストーリーに仕立てて伝承されてきた狂言は無言劇なので、最初はそのおっとりした展開に戸惑いますが、それぞれの演目に独自の面白い演出(豪快な炮烙割りで、花の小道具が有ったり、綱渡りや舞台から飛び降りる等のアクション?!が有ったり)がたくさんあり、慣れてくるととっても小気味好い楽しさに浸っていました。思わず「早く!」「あら、まぁ!」と口に出してしまうほどです。


皆さんも観られて良かったわ、他の演目も観たいなと演目が終わるごとに話しておられました。
今回、皆さんで観た演目は「炮烙割り」、「花盗人」、「ぬえ」でした。「炮烙割り」の後、厄を吹き飛ばした証拠(積もり積もった炮烙の残骸)です。

700年もの歴史を持つ狂言を大切に預かり繫いてこられた壬生大念仏講の皆さんにブラボーでした。

(2018年5  月1日 小柳 記)

2018年05月1日

萌黄祭が開催されました♪

4月28日(土)に下鴨基金幹事会主催の萌黄祭が開かれました。
40人の大盛況で準備が大変!大きな中華鍋をどうやってふるおうか?と苦労された幹事さんもおられましたが、
テキパキと下ごしらえが進んでいきます。
  

いよいよ開宴です。乾杯!!
次々と出てくるお料理に皆さん満面の笑みで舌鼓(^^) どんどんお喋りも弾みます♪
  
4月生まれの方のお誕生会もあり、歌と温かい拍手でお祝いしました。

★参加された方からの感想★
*春の香りを存分に堪能しました。ごちそうさまでした。
*ホタテの甘さにびっくり!鯛の桜蒸し、よだれが出るほど美味しかった(笑)
*美味しい料理と楽しい会話で久々気分もハイテンション。冷たく冷えたワインがオシャレな料理に合って余り呑まないつもりが、全て美味しくて次々に杯を重ねてしまいました(^^)

皆さん大満足された様子です。準備に調理と大活躍の幹事さん、参加の皆さん、楽しい時間をありがとうございました!

2018年04月30日

なんじゃもんじゃの白い花♪

4月26日(木)、本日は気持ちの良いお天気でしたね。
アーズローカス玄関横の「なんじゃもんじゃ」の木に白い可愛い花が
咲き始めました♪
東壁面のバラとあわせて、どうぞ皆さまお楽しみくださいね。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

                     

 

 

 

2018年4月26日(木) 藤原 記  

2018年04月26日

スイーツを一緒に作りませんか?

4月26日に「スイーツを一緒に作りませんか?」が開かれました。
スイーツ作りの得意な方、作るのが好きな方、スイーツ食べるのが好きな方!?が集まってワイワイと楽しみましょう、そんな時間です。
今回は第1回目、一口食べたら虜(とりこ)になってしまう森さんの「ティラミス」を教えてもらいながら一緒に作りました。


森さん曰く「簡単よ」の言葉にワクワク・期待…本当でした! というより、森さんが何回も作ってこられ、工夫や改良を重ねられたレシピが「美味しく簡単に」に繋がっているのでしょうね。森さん、ありがとうございました。

2人一組になって「これを泡立てて」「あれと混ぜて」「シロップ滲みこませて~」段取りよく、賑やかに楽しく作れたので、これからも気軽に作れそうと皆さん大喜びでした。

出来上がったティラミスはお持ち帰り、馴染んだ翌日に、とっておきのおやつになりそうです。

 2018年4月26日(木)小柳 記

2018年04月26日

バラ開花宣言

ALでは「ばら」が咲き始めました。
今年は桜の開花も早かったのですが、ALの東壁面のバラが4月初旬からたくさんの蕾をつけ始め、なんと4月14日、本日5輪もほころんでいます。


通年であれば4月下旬~5月に入ってからの花期ですが、本当に早いですね。
今年のトップバッターは鮮やかな朱赤色の「サラバンド」です。まだ、日当たりが良くてプールに近い高さで温かさに恵まれている?上の方の枝にだけですが、次々と桜前線ならぬバラ全線は垣根の四方に広がっていく事でしょう。

 

 

今年は沢山蕾をつけており、花の量も質も大いに期待できそうです。
これから楽しみな頃を迎えます。

どうぞ、皆さまバラのお花見にお越し下さい。

 

   2018年4月14日 小柳 記

2018年04月14日

テラスに新しい木が仲間に加わりました・ジューンベリー

 お気づきでしょうか?テラスに新しい木が仲間入りしました!
 長年、テラスを見守るように鎮座していた「もみの木」が枯れてしまい、その後にやってきてくれたのが、「ジューンベリー」(学名:Amelanchier)。

鳥羽さんと加地さんが選んでくださいました。



 バラ科の低木で、英名の「June berry」の名の通り、6月頃実が付くそうです。(生食、ジャムにもできるそう♡) 

 今年はまだ植替えしたばかりなので、果実の方は気長に待つとしても、今、細かな白い花をたわわに咲かせている姿、ぜひご覧いただければと思います。

 花期、実のなる時期、そして紅葉と、これから四季を通して楽しませてくれそうなテラスのシンボルツリーです。
どうぞ、可愛がってくださいね。

植替えほやほやのジューンベリーです。お月さんも見守ってくれているようです。

2018年4月7日 小柳 記

 

2018年04月7日

第22回 桂よね吉のアーズローカス寄席へのおさそい

~第22回 桂よね吉のアーズローカス寄席へのおさそい~
年に2度のお楽しみ、桂よね吉さんのアーズローカス寄席が4月21日(土)に開催されます♪
アーズローカス寄席は、演者さんとの距離も近く、迫力満点の寄席をお楽しみいただけます。

第22回桂よね吉のアーズローカス寄席
日時:2018年4月21日(土)
場所:アーズローカス 5階ホール(会場)
*チケットをお持ちの方も4階受付にお立ち寄りください。
木戸銭:前売り2500円(税込)、当日3000円(税込)
*チケットは事前に現金でのお支払いでお願い致します。
(お釣りがないようにご準備頂けると有り難いです。)
定員:90名(会員並びに会員ゲスト優先60席 一般30席)
開演:18:00 開場:17:45
演者:桂よね吉さん
桂二乗さん、桂二葉さん

お申込み:メール:info@arslocus.co.jp  / Tel:075-712-3232
件名に「桂よね吉の寄席申込み」と記入頂き、
お名前、お申込み人数、ご連絡先(携帯)を明記の上、
お申込みをお願いいたします。こちらからの返信を持って、受付完了とさせていただきます。
よね吉さんの極上落語、ぜひご期待下さい!!

★駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

2018年03月19日

節分ハイキング

2月3日(土)、節分ハイキングに出かけてき ました。
お天気に恵まれた節分、嵐電に乗るのも右京区へ出向くのも、節分の豆まき行事も久しぶりだわ!と遠足気分が高まる総勢11人が嵐電・嵐山駅に集合しました。
久しぶりに踏み入れる天龍寺山内、「こんなに広かったかなぁ?」「この辺り全部桜の木だね」とワイワイおしゃべりしながら、いざ「豆まき」の会場へ。

塔頭と法堂に囲まれたエリアにはすでにたくさんの人と出店で賑わっています。

地元の方と天龍寺の各寺、檀家さんが主体とした節分会の催しは、壁に中学生による書道や絵の作品展も催されていたり、とってもアットホームな雰囲気です。入口付近ではお酒と甘酒の振る舞いがあって早速頂戴します。甘酒は麹がたっぷり入っていて美味しいこと。その麹が中々お口に収まりません。あ~スプーンがあったら、いやお箸一本でもあったらとちょっともったいないごちそうさまでした。でも美味しさ温かさにホッコリ。

 

豆まきの時間までまだ30分もあるので、ちょこっとお腹にいれておきましょう!とそれぞれお目当ての出店でお買い物です。
恵方巻に、トッピング自由なおそば、たこ焼きにタイ焼き。お腹が満足すると安心な気分になるんですよね。これで臨戦態勢バッチリですね。

 

 

 

 

さて、いよいよアナウンスが入り、豆まきが行われるようです。こちらも地元密着、舞台には天龍寺の官長さん以外は地元の名士といったような形で、誰かは全然分かりません。あとはローカルゆるキャラの(渡月橋)渡くん(渡月橋を背負っている)も豆まきしてくれるようです。腕はふれるのでしょうか?

「福は内~」の掛け声とともに福豆が空を飛びます。しかしこちらの方には全然届きません。風に流れて南へ南へと飛んでいきます。その内、舞台の上で遠くに飛ばそうとフリスビー投げの工夫がされ、飛んできた!と思ったら頭上を越えていきました。あちらこちらで「こっち―!」との掛け声が飛び交っています。とっても楽しい!
しかし、投じられた福豆は手に入りません。豆まきが終わり、皆さん集合してみるとほとんどの方が福豆を手に入れられたようで良かった!です。それに福豆が取れなかった方にはちゃんと配って下さる優しい心配りも有り、これでみんな揃って福豆を手にすることが出来ました。

 

 

天龍寺では七福神巡りも行われていて、福笹を手にして各塔頭を詣り、短冊をつけてもらいます。こちらでも甘酒(酒粕で作られた甘酒)の接待を受け、福を授かったのと相乗効果で気持ちもお腹も温まってきました。

 

 

天龍寺を後にして壬生寺へ向かいます。レトロ電車の車窓からはのんびりとした風景が流れていきます。
壬生寺の節分会は有名なだけに、面している坊城通や参道も沢山の人と出店で埋め尽くされています。

全国でここだけの節分の風習が炮烙奉納。家族の名前や年齢を書いて炮烙奉納します。これらは4月29日からの壬生狂言「炮烙割り」で全て割られ、厄除け・開運が得られるという慣わしです。

 

炮烙を触るのも炮烙を奉納するのも初めてで、ぎこちないながらも奉納しました。春の壬生狂言が楽しみです。

 

 

残念ながら狂言「節分」は大変な人で見ることが出来ず、お参りして解散となりました。

半日、名前は知っていても行ったことがない、体験したことがなかったそんな京都の年中行事をみんなで楽しんだ一日でした。

 

        2018年2月4日 (小柳 記)

 

2018年02月4日

シェフ大山の秘密レシピ ―音が音楽になるまでー4のお誘い♪

クラシック音楽って何だか難しそう…。と思った事はありませんか。
「シェフ大山の秘密レシピ」ではクラシックに馴染みのない方々にも大好評のシリーズです。
室内楽のリハーサルを見てもらいながら、演奏者の後ろのスクリーンに解説がつきます。
「楽しくてワクワクしている感じ」「これから大嵐になりそうな雲行き」など、舞台上で何が起きているのか実況で解説がつくので安心です。音楽を聞きながら感じた事や、疑問に思った事を演奏者に質問が出来るのも魅力のひとつです。

好評のレシピシリーズ第4弾!これまではシェフ大山と若い音楽家たちによってお送りしてきましたが、今回は相愛大学の名誉教授でもある世界的ヴァイオリニスト、小栗まち絵さんが出演されます。シェフが2人になった厨房では果たしてどんな料理が作り上げられるのでしょうか。
ぜひお見逃しなく♪

シェフ大山の秘密レシピ -音が音楽になるまで―
曲目 :ブラームス 弦楽四重奏曲第3番 変ロ長調 作品67 第2楽章
2月11日(日・祝)14:00開演(13:30開場) アーズローカス5階ホール
入場料金 大人:3000円・学生:2500円(※当日学生証を拝見します)

2018年01月24日

1 2 3 4 5 6 7 20