ARS LOCUS 大人の小学校 アーズローカス

イベント紹介

3月2017

音楽祭に行こう 第3号

5月27日(土)17:30~から5階ホールにて「AL音楽祭」が開かれます。
ALで、AL以外で音楽を楽しんでおられる方の発表の場として定着してきました。多くの出演者、観客の皆さん共に楽しめるお祭りになればと思っています。引き続き「ギターで歌おう」(毎週火曜日10:30~ダイニングにてレッスン中)の皆さんにスポットを当てお伝えしていきます。IMG_2526

肩の力を抜いて、リラックスしよう!
本日は15名とたくさんの方が参加されました。
まずは「黄昏のビギン」から練習です。皆さんコードがはまってきました。
「ビギン」のリズムはやはり難しい~!リズムを意識して何度も練習しています。
奥村さんの“ツ・チャーチャ・ツ・チャ・ツ・チャ”の声に合わせて今日はボンゴも登場です。
ギター・ウクレレ・チェロ・ベース・フルートと色々な楽器を大勢で重ねると、とても広がりのある音楽になって
きました。でも楽器を弾きながら歌うのって大変!!演奏を頑張ると、つい肩に力が入ってしまうので、リラックスして歌詞を大事に歌う事を心がけてもう一度間奏から。
3曲目も少し練習…その前に。一度聞いてみよう。コードはどうやって押さえるの?
グループごとに皆さん確認しておられました。
IMG_2532IMG_2521IMG_2518

2017年03月28日

第20回 桂よね吉のアーズローカス寄席へのおさそい

桂よね吉さんのアーズローカス寄席が4月22日(土)に開催されます。よね吉さん第20回 220170321_0001
回数を数えること、20回目、色々な形で皆さまに愛されて
11年目、なんと20回を迎える事となりました!

第20回アーズローカス寄席
日時:4月22日(土)
木戸銭:2500円(20回感謝価格、税込)、当日3000円(税込)
開演:18:00 開場:17:45
演者:桂よね吉さん
桂米輝さん、桂二葉さん

~桂よね吉さんより~
記念の20回目を華々しく、少しでも多くの皆様にご来場
頂きたいと思っています。
感謝の気持ちを込め、今回前売り(予約)2500円ということにさせて頂きました。
是非のご来場お願い申し上げます。20回記念の高座、
どうぞお楽しみに!

*只今、お申込受付中です!!素敵なひとときをぜひご一緒に♪
*チケットは事前に現金でのお支払いでお願い致します。
(お釣りのないようにご準備頂けますと有り難いです。)

2017年03月22日

音楽祭に行こう 第2号

はじめに
「音楽祭に行こう」と題して、音楽を楽しんでいる会員さんをレポートしてIMG_2326
お知らせしていきます。不定期ですが、宜しくお願い致します。
5月27日(土)17:30~から5階ホールにて「AL音楽祭」が開かれます。
ALで、AL以外で音楽を楽しんでおられる方の発表の場として定着してきました。
今回も多くの出演者、観客の皆さん共に楽しめるお祭りになればと思っています。
「ギターで歌おう」(毎週火曜日10:30~ダイニングにてレッスン中)の皆さんに
スポットを当て、お伝えしています。

3月14日(火)の練習は…
本日は12名とたくさんの方が参加されました。
まずは 「思い出のサンフランシスコ」から。
「リズムを取るのが難しいな」、「ここの箇所はいつもテンポが遅れてしまうね」「よく音を聞かないと」、
「楽器の演奏を頑張ると、なかなか歌えないなぁ」

「黄昏のビギン」では、
間奏のところはボンゴを入れる?次回の練習で試してみよう!タイトルにもなっている「ビギン」、
“ツ・チャーチャ・ツ・チャ・ツ・チャ”のリズムはどこまで弾く?気持ちの切り替えを意識しやすいように、
どの部分からゆっくり演奏する?と皆さんで試行錯誤しながら決めていきます。「ややこしい」、
「ここは練習たくさんしなくちゃ」、「2回目の方が声出てきたわ」、「エンディングのキーボードが素敵だね!」、と色々な声が聞こえていました。IMG_2323

 

2017年03月15日

普茶料理をご一緒に

春の陽光を感じる頃になってきたとはいえど、前日などには昼間に雪が舞う寒さの中、伏見の海宝寺へ「普茶料理」を皆さんとご一緒にいただいてきました。

dc031001

 

集合場所は京阪墨染駅。

「ここに来るのは初めてだわ」
「方向が分からなくなるわね」と知らない場所へ降り立った感想が飛び交っています。同じ京都でも知らないところがいっぱいです。

 

伏見大仏
まずは駅から歩いて5、6分ほどの距離にある欣浄寺(ごんじょうじ)の「伏見大仏」に会いに行きます。

街中の普通のお寺といった風情ですが、本堂には木製で最大級の5.3m(1丈6尺)の毘盧遮那仏が正面にドーンとおられます。拝観する位置からさらに下がった位置に座っておられるので、迫力があります。
約250年ほど前、一代目の住職がお首を、2代目の住職が胴体を作られたという記録が胴体の中の柱に残されているそうです。本来、他にももっと木造の大仏は残っていてもおかしくないのですが、火災等で消失してしまったようですね。(小さめな仏像は運び出すことが出来ますから)
伏見のこの地に今の時代に残っていることがとっても稀有なことなんだと思いました。

dc031003他にもこのお寺の場所は深草少将の邸宅跡で、小野小町が姿を映したいわれる「姿見の池」や小野小町の恋文の灰を固めて作ったとされる「深草少将張文像」、宗派を変遷して今の曹洞宗となった歴史を物語る仏像が祀られた仏壇などがあり、僅か30分ほどの滞在時間の中でしたが、数多くの知らなかったモノ・コトに触れることが出来ました。

静かに手を合わせてお参りをされる方、ご住職に曹洞宗本山永平寺での修行を訪ねる方、ご住職の解説に深草から山科までの通い道に思いを馳せる方。

今日の目的の脇に並んでもらったお寺でしたが、来られて良かったというのが皆さんの感想でした。

 

 

dc031004

 

拝観後は寒い中の移動でしたが、15分ほど歩いて今日の主役、普茶料理を頂く「海宝寺(かいほうじ)」へ。

伊藤若冲の「群鶏図」があったお部屋でお食事を頂きます。
お品書きが書かれた説明書を傍らに、食べたことがない、想像がつかない食材の名前を前にして期待を込めた?(クエスチョンマーク)を顔に浮かべながらお料理を待ちます。

dc030901

 

 

 

「雲片(うんぺん)」
野菜の葛寄せ。食後にご住職からお話を聞いた中で「普茶料理」というのが元々は大きな法要の後のお茶での労いが「少しお食事でも」という風になり、今に至った事、そしてお供えされていた野菜などのお下がりを調理し、根っこなどの屑野菜など余すことなく活かして頂いたという基本になったお料理。
優しくて美味しくてこの辺りから皆さんの食事のスピードが上がってきます(^^♪

 

 

dc031005

「琴羹(しゅんかん)」

飛龍頭や高野豆腐、巻きずしもどき、かまぼこもどき(真ん中が長芋でびっくり)、かぼちゃ煮(かぼちゃの本来の味!)と一つ一つ感想を言いながら食べるのは楽しい!

 

 

dc031006

 

「附揚」天ぷら

季節の野菜のかき揚げ、タラの芽、菜の花、干し柿、そしてここには精進料理とは思えない"豚肉"が…。
これも説明によると普茶料理では3つ使っていいとされる動物性食材があります。一つは豚肉(お釈迦様の大好物、お釈迦様は豚肉を食べてなくなられたとか…お釈迦様を偲んで頂くという)、次に鯉(あぶくをくわえた鯉の形をした木製の時などを知らせる鳴り物、あぶくは煩悩でそれを食べる鯉は特別という)、最後は牛乳(お釈迦様は牛乳で身体を整えられたという)、こんな面白い話にお口も動かしながら、興味は尽きません。

 

IMG_3654

 

お料理全般、しっかりとした味があるものの、調味料の味の濃さとは違って、下味、下ごしらえの味がコクとなって美味しく頂きました。お手間ありの料理の感謝です。お腹もいっぱい。
普茶料理は初めてという方も美味しかったね、また来たいね、と喜んでおられました。

 

 

海宝寺の町名「伏見区桃山町政宗」とあるように、ここは江戸時代、伊達政宗の伏見屋敷でした。山内には伊達政宗お手植えの木斛(もっこく)が今も450年近く経った今も緑の葉を茂らせていたり、秀吉から拝領したつくばいがあったり、黄檗宗の住職さんの隠居寺だったということから、隠元禅師の書が有ったり、高僧が座られる中国風の椅子が有ったり、唐紙は当時のものだったり、と歴史マニアの人ならば卒倒しそうな歴史の遺物が普通の寺の暮らしの中にあります。溜息。
楽しく一緒にいろんな体験ができた大人の小学校ならではの遠足でした。

2017年3月10日 (小柳 記)

 

2017年03月10日

コンサートホールのご利用案内

アーズローカス5階には、響きのよい落ち着いた空間のホールがあります。
コンサート、演劇、落語会、展示会、ワークショップなど、主催者と来場者が一緒に楽しめる、
そんな場となることを願っています。

■概観
座席数 0〜80席ホール写真
スタインウェイグランドピアノ (ニューヨーク B型)

受付
まず催しの内容をお伺いします。
内容は、大勢の方に開かれているものをお願いします。
(貸し教室としてのご利用や、小さなお子様の発表会の場としてのご利用はご遠慮下さい。)
ご予約は利用予定日の半年前から受付致します。

■ご利用料金
〜コンサート、演劇、落語会、展示会など~(控室込)
6時間:20,000円
終日  : 30,000円
平日・土曜 9:00~21:00  日・祝 9:00~17:30(18時閉館のため)
*ピアノ調律料 別途20,000円頂戴致します。
*調律を希望される場合は実費をご負担頂きます。

~ワークショップ~
参加体験型・学びある相互交流の場として
4時間: 4,000円
*4時間を超えたご利用については1時間につき1,500円頂戴致します。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。電話:075-712-3232
 

ご利用料金、時間等は事前の予告なしに変更されることがあります。
ご了承ください。

 

2017年03月7日