ARS LOCUS 大人の小学校 アーズローカス

イベント紹介

♪山下萌衣子&中桐綾奈 ジョイントリサイタル のお誘い♪

同じ高校、同じ大学の同じ専攻、そしてドヴィッシーという共通項で巡り合った二人が
ARS LOCUSでジョイントリサイタルを開きます。

山下&中桐 今回は、二人が1曲ずつドビュッシーの名曲を演奏します。
ピアノという楽器とピアノ曲の多彩さが感じられるひとときを
どうぞご一緒ください。

秋の音楽祭、とてもかわいらしいお二人です。
お誘い合わせの上、どうぞお越しください。

♪日 時 2014年11月30日(日)14:00開演 (開場:13:30)

♪会 場 ARS LOCUS (アーズローカス)5階ホール

♪ 料 金  前売り1500円、当日2000円

♪チケット/お申し込み 090-6672-7545  moepan41@gmail.com  ( 山下萌衣子 )

♪Program
ドビュッシー 子供の領分・喜びの島
シューベルト ピアノソナタ イ短調 D.537
リスト バラード2番 ロ短調 他

(佐加恵 記)

2014年11月10日

AL19周年創設記念パーティーのご報告

先週の月曜日、11月3日(祝)に、アーズローカス19周年の創設記念パーティーが開かれました。三連休の最終日でしたが、35名程の方々と一緒にいい時間を持つことができました。

1995年11月3日に生まれたアーズローカスは、たくさんの方々の出会いの中で、少しずつ枝葉を伸ばし、ここまで成長してきました。  はじめに、加地さんの挨拶主催者である加地さんからのお話で、居酒屋あーずろーかすの料理人☆太田さんからいただいたお祝いの一句が紹介されました。

「めでたさに 空も晴れたる 19歳 菊の香りが 美酒に重なり」

19年、あっという間のような、そうでもないような。楽しいことも、悲しいこともいろいろとあって今がある。
アーズローカスはそれを一緒に歩んできた一つの場所になっているのかなと思います。

乾杯2それでは、かんぱ~い♪
ここでは、気持ちが若々しくいられる!とのご挨拶とともに。とても紳士な楠さんにご発声いただきました。

 

乾杯1会員さんからは…
今年入会された方からは「少しずつ慣れてきたところ、来年は他のことにもチャレンジしてみたい」
あーずろーかすの輪がもっともっと広がっていくことを願っています。」 などのお声。

今回は、この創設記念パーティーで、いつもとは違う新しい出会い、
繋がりのきっかけになるといいな、20歳一歩手前の19歳、これから
アーズローカスと一緒にどんな時間を過ごしていきたいか考えてもらいたいな、
そんな思いを抱いて企画しました。

バースデイ7

上の写真は、声を使わずにお誕生日順に並んでみよう! スムーズにいけたかと思いきや、答え合わせ直前に、あれ?あれ? どんどん入れ替わりが起こります。 同じお誕生日の方、翌日の方、そして今日がお誕生日の方もおられました!!その後、会員さんを知ってもらうゲームをして…

4階で、振る舞い蕎麦と野点をいただきました♪

お蕎麦1あーずろーかす名物のお蕎麦、打ち手さんはすでに
10年を超えています。 そんなお蕎麦に皆さん自然と会話も弾むようです。 打ち手の皆さん、ありがとうございました!テラスのお花たち

 

野点   テラスでの野点 準備の途中に雨が降りかけ、急いで撤収もしましたが、時間中はお天気に。 テラスのお花たちも会員さんの手によって、この晴れの日をきれいにして迎えます。
栗羊羹とお抹茶と、ほっこりまったり。

今年のビンゴゲームは、自分たちで「これからアーズローカスでやってみたいなこんなことあんなこと♪」を出し合ってマスを自分たちで埋めていきます。

 ビンゴ4「京都探し」「利き酒会、ワイナリー巡り」など
お外に出かけるものや「RTTの発展!」「誰かの人生論を聴きたい」「お友達をつくる(出会いが欲しい?!)」など。アーズローカスの皆さんのいいところを交流させたら、とっても面白くなりそう♪そして、実現できそうです♪

アーズローカスは「ただの場所」ではなく、場があって、そこに人がいてアーズローカスなのだと思っています。 「できる人ができるときに、できることを」皆さんのいいところを出し合って、これからも大人の小学校を育てていきたいです。

ビンゴ520周年も皆さんの笑顔とともに迎えられますことを願っています。

 ビンゴの景品、やった~!!

(佐加恵 記)

 

 

2014年11月10日

会員展と創設記念パーティーへのお誘い♪

会員展 ロビー2 アーズローカスの会員さんによる作品展が
今日(10月30日)から来週の水曜日(11月5日)まで開催されています!

出品作品は、陶芸や書、絵画、グラスリッツェンなどアーズローカスの中で作られたものや写真、手芸、工芸等々会員さんがそれぞれにつくられたものまで多種多様です。

作品展 陶芸

皆さんの力作を見て、私は驚きの連続で、
一つずつの作品に魅入って楽しませてもらっています。
お写真ではこのステキさは紹介しきれませんので、
ぜひ直接ご覧ください♪♪

  

作品展 スケッチ会員展は、一般の方もご覧いただけます。
4階までエレベータであがってください。

皆さん、ぜひお楽しみください。

会場:アーズローカス4階・5階
時間:10:00頃~20:00頃

そしてそして!!
会員展の間の11月3日(祝)はアーズローカスの創設記念パーティーの日です!!
こういうイベントは出たことがないという方も、この機会にぜひお越しください(*^_^*)!
大人の小学校、新しい出会いの輪が広がるような時間になることを願って、いろいろと考え中です。アーズローカスの自慢の振る舞い蕎麦も用意しています。
大人のご家族ゲストさんOKですので、ぜひご一緒に。

11月3日(祝)13:00受付 13:30~16:00頃
準備の都合上、お申込みをお願いいたします。

(佐加恵 記)

 

2014年10月30日

男の美食倶楽部・ごちそうさまでした

この美味しいお料理、やっぱりお酒と一緒にいただきたいな、またはゆっくりと寛いでいただきたいな…そんなふうに思うことってありますよね。 普段はお昼間にされる「男の料理教室」でもそんな声が上がることがしばしば、「では、応えましょう!」と「男の美食倶楽部」に発展して開かれています。 献立や調理担当なども事前に集まって、料理人さん達自身で決められているんですよ。

今回は秋の宴にふさわしお献立です。ご一緒できなかった方にも目で少し味わっていただきましょう。

松茸や鱧、秋刀魚、そして無花果や柿、菊花など彩り・香り・風味すべてから秋らしさが立ち昇る食材を使って調理スタートです。

美食倶楽部 (4) 美食倶楽部 (6)

 

美食倶楽部 (7) 美食倶楽部 (18)

「秋刀魚のさしみ」担当である大野さんは中骨にも細心の注意を払って卸しておられましたよ。あしらいの胡瓜やみょうがも細~く揃えられていてびっくりでした。

美食倶楽部 (9) 美食倶楽部 (1)

加地さんはデザート担当!「とろ柿のゼリー寄せ」 こちらも材料の組み合わせに創意工夫があり、美味しそうですね~。

美食倶楽部 (12) 美食倶楽部 (14)

「鱧と野菜の揚げびたし」は奥田さん、末澤さんの連係プレーが素晴らしい。低温で一度あげ高温で香ばしくと2度揚げだったり、鱧に粉をまぶす・揚げるを二人で分担されていてとってもスムーズに進んでいましたよ。 エプロんに働きの勇姿を見ました。

美食倶楽部 (11)   美食倶楽部 (16)

中塚さんはトップバッターの「いちぢくの白酢あえ」 熟して美味しいいちぢくの皮を一つ一つ剥くのが大変だったとのこと。仕上げの色気である穂紫蘇の下準備も含め繊細な仕事をされていましたよ。

美食倶楽部 (13) 美食倶楽部 (17)

田中さんは「料亭の味!」と感想が聞こえてきた「卵豆腐と松茸の煮物椀」 卵液をきちんと漉して蒸し上げられた卵豆腐は滑らかで松茸と主役を二分していました。

美食倶楽部 (10) 美食倶楽部 (20)

薗口さんは焼き物「牛肉の野菜巻き ピリ辛味噌ソース」を大量に。一度教室でも作られている料理ですが、その時とお肉の大きさが違ったようですが、そこは臨機応変・たくさんの千切りの野菜をきゅっきゅっと巻いて。

この野菜巻きは温かく出したいということで、キッチンの中は料理人さんでいっぱい!

美食倶楽部 (19)どんどん焼いて、切って、盛り付けて。アツアツがテーブルに運ばれていきます。

この時にプチハプニングが発生!オーブンの水がシャワーから噴き出してびっくりです。でも料理は死守するあたりがさすがなみなさん。

 

 

美食倶楽部 (5) 美食倶楽部 (23)

加地さんはもう一品!〆のごはん。それもマツタケご飯♡ 今年初めてだわ~という声も飛び交いながら全てきれいに皆さんのお腹に収まりました。

ふーっ、大満足な美食倶楽部 夜の宴、ごちそうさまでした。

2014年10月20日  小柳 記

 

 

 

 

2014年10月20日

月下美人

10月半ばにさしかかり、朝晩冷え込むようになってきましたね。

先日14日(火)に下鴨基金幹事会が開催されたのですが、その際、素敵な出来事が起こりました。

それは…年に一度しか花を咲かせない事で有名な「月下美人」の花が3輪も咲いたのです!19時前~時間が経つにつれ花が咲き誇り、それはそれは綺麗な花びらを開いてくれました(*^_^*)

月下美人4   月下美人3

月下美人9     月下美人8  

月下美人14 月下美人6

月下美人10

下鴨基金幹事会の皆さんも携帯やスマホで即席撮影会に♪

秋の夜の、素敵な一日になりました(*^_^*)

 

 

 

 

2014年10月16日

第15回アーズローカス寄席のお誘い

来る10月25日(土)、第15回目の桂よね吉さんのアーズローカス寄席が催されます!

桂よね吉さんアーズローカス寄席の特徴は、なんといってもアットホームさではないでしょうか。落語家さんとの距離も近いので、表情の変化はもちろん、緊張感、息遣いまで伝わってきます。

もう一つの特徴は、高座も周りのお道具も、なんとアーズローカスの会員さんの手作りということ!!当日の朝に設営作業が行います。驚きの出来と愛情のこもった手作りならではの雰囲気を醸し出しています。 高座設営中
もちろん落語もお囃子も生、落語にはなじみのない方でも、その世界に惹きこまれていくことでしょう。まだ間に合います!どうぞお誘い合わせてお越しください(*^_^*)

 

日時:2014年10月25日(土)18:00~20:30頃
演者: 桂よね吉さん、桂二葉さん、桂吉の丞さん
木戸銭:3000円(税込)

ゲストさんOK、一般の方からもお申込みをお受けしています。
メール、電話にてお申込みください。

*必ず事前にお申込みをお願いします。
*今回より現金でのお支払となります。4階受付でお支払いただき、チケットをお受け取りください。
*お釣りのないようにお願いします。

 

2014年10月16日

居酒屋あーずろーかす  2014.9.27(土)

さわやかな季節となりましたね。朝夕はめっきり涼しくなり、これからは秋本番、運動の秋、読書の秋、…といろいろとありますが、なんといっても‘食欲の秋‘ではないでしょうか。

アーズローカスでは先週末27日(土)に、゛居酒屋あーずろーかす´が開催されました。   総勢34名様ご参加頂き、ありがとうございました!

居酒屋 (3)

今回の居酒屋も、多彩な種類の料理・お酒等♪ 皆様存分に楽しんでいただけたよう♪                                              そして、ほぼ毎回、参加の方よりお一人様ゲストシェフとして調理にお迎えしております。 今回は橋村さんにお願いしました。橋村さん、ありがとうございました!

居酒屋 (10)  「無花果と生ハムのサラダ」   居酒屋 (18) 「スペアリブの和風煮込み 居酒屋 (20)

居酒屋 (9) 「秋刀魚の唐揚げ 野菜餡かけ」                 素敵な笑顔と共に…♪

居酒屋 (17)   「茸とコーンのチーズ春巻き」

 

愛情いっぱい、美味しそうな料理の数々…ご馳走様でした。今回の居酒屋に初参加の方々もいらっしゃり、新たな仲間が増え、皆さん存分に楽しんでいらっしゃいました。

居酒屋 (6)   居酒屋 (7)

 

秋の夜長、アーズローカスで気の合う仲間と共に味わう、美味しいお酒&お料理…素敵な一日になったことでしょう。

次回もぜひお待ちしております。ご参加の皆様、ありがとうございました!

そして料理人の太田さん、水原さん、ゲストシェフの橋村さん、加地さん、寛子さん、     ご馳走様でした!

2014年9月30日

 

 

 

2014年09月30日

岩手の風景を、晴れ着姿で

アーズローカスの下鴨基金では、毎月岩手県山田町へ育英基金をお送りしています。

その事務局を担当されている岩手県立立山田病院の今泉先生は毎月お手紙をくださいます。(受付横に貼っています。)
今回、そのお手紙と一緒に、一冊の本を送ってくださいました。

「いわて四季彩々」

いわての四季彩々 岩手
この本は、以前今泉先生が送ってくださった「いわて旬華愁凍」の続編です。
震災前の岩手県の四季折々のきれいな風景写真が撮られています。
一瞬猛威を振るった海もとってもきれい…。大事なものを語っている気がします。
皆さんにも見ていただきたいのでご紹介をさせていただきます。

まえがき、あとがきの一部を抜粋して引用させていただきます。

岩手県の自然風景を撮影しはじめて、今年で10年を迎える。…

明けぬ夜はないー。震災当時は、助ける人も、助けられる人も、そのことばを
信じて頑張ったはずである。しかし、その夜はなんと長いことだろう。
一年目は、被災地のガレキ…を片付けること、またその処理をすることに費やされた。
二年目は、港湾の建設や漁業の再開など、海辺の営みに変化が見られた。
けれども、住宅地はサラ地のままで、雑草がぼうぼうと生い茂っていた。
三年目は、仮設住宅から自宅や移転先に戻れる人が出てきてもいいはずだった。
けれども、困ったことに、仮設は事実上の「常設」となったままである。
この間、被災した人々のあいだで、故郷の記憶が失われようといしている。
海辺に残った人も、後にした人も、昔の風景をもはや思い出せないという。
震災後の三陸を走ると、カーナビが今はなき施設をむなしく映し出した。
だが、その場の風景が思い出せない。その悔しさが、この写真集を出す原動力となった。
…自然は厳しくも美しい。さればこそ、いにしえの人々は三陸を住処としたのである。自然の恐ろしさを忘れてはならないが、その恩恵を受けていることも再認識したい。…

この本を手に取って…
きれいな風景、ただきれいなだけではない風景、心がざわざわする。
それでも思い込み、偏りよりも、岩手の素晴らしさを綴った写真と筆者の言葉を丁寧に見ていきたい気持ちです。

アーズローカスの受付横に置いていますので、お立ち寄りの際にどうぞご覧ください。

佐加恵 記

 

 

 

 

 

2014年09月17日

着衣水泳 in  水泳指導

水泳指導2週に1回、水泳指導の時間があります。8月最後の水泳指導の時間は、「着衣水泳」が行われていました!!
小笹先生にお聞きした
着衣水泳のコツをお伝えします。

初めに…遭難したとき、
救助隊を待つのか、陸を目指して泳ぐのか判断がとても難しいけれど、基本は「待つ」こと!!
陸が近そうに見えても予想外に遠く、救助隊からも見つけられにくくなることもあるため、体力を温存して上手に浮かぶことは非常に大事なことだそうです。 小さな浮き袋で大きな助けになります。何か浮遊物を手に入れましょう!

教室では、よーいドンで何か浮遊物を見つけて、10分間浮いている練習もありました。バケツ
最後に残った「バケツ」はなかなか難しいご様子。
少しずつ水が入ってきてしまうのだとか。

 波がないときは 浮遊物は胸に抱いて仰向けに浮いているのが一番楽なようです。波があると、仰向けだと波をかぶってしまうので、うつむきに抱く方がいいとのこと。

 

泳ぐ場合は、近代四泳法の中では、クロールは長袖だと水を含んだ服が重たくて疲れやすい+目標物(遠くの山等)を見失いやすいことから、平泳ぎの方がいいようです。着衣水泳

でも、皆さん服を着てもいつも通りに泳がれているように見えました。日頃の練習のたまものですね!(^^)!
一度練習をしておくと、何かがあったさいに少しでも落ち着いて対応できるのではないでしょうか。

水泳指導に来られる皆さんはいつもとってもにこやかです。
  “ずっと泳げなかったけど、今から練習をしたい!”と始められる方もおられます。
その意欲には私も脱帽&見習いたい思いでいっぱいです。
  アーズローカスのプールはきれい&ゆったり泳げるから嬉しいとのお声をいただいています。どうぞご利用ください♪

(佐加恵 記)

 

 

2014年09月11日

林さんのピアノリサイタル YouTubeにアップされました♪

以前にお知らせした林さんのピアノリサイタル in  ARS LOCUS
他の曲もYouTube にアップされましたのでお知らせいたします。

ここ2~3日で京都も秋の風に変わりましたね。
秋の深まりはまだこれからですが、私は林さんの”コスモス”にも聴きいってしまいました。
皆さんもゆったりとしたひと時をどうぞお過ごしください。
https://www.youtube.com/channel/UCk8YQ6h2YSzr-e3My8l1sYw

 

 

2014年09月10日

1 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22