ARS LOCUS 大人の小学校 アーズローカス

イベント紹介

6月2019

居酒屋あーずろーかす

6月15日(土)、「居酒屋あーずろーかす」が開店しました。
44回目となる今回のテーマは鱧&鮎&季節のうまいもん!
呼びかけ人太田さん、水原さんを中心に加地さん、寛子さん、そしてゲストシェフにお迎えした中林さんが早い時間からそんな「うまいもん」の数々を作ってくださいました!

久しぶりに参加された方も多く、乾杯の挨拶に立ってくださった木谷さんもそんなお一人。乾杯の音頭・「うまい料理、うまい酒、そして楽しい会話を味わいましょう!」に「居酒屋あーずろーかす」の神髄がにじみ出ています。


次々と出てくるご馳走、そして美味しい飲物でお口も滑らかに♪ ダイニングは楽しそうな賑わいに溢れていました。
 


お料理をご紹介。太田さんオリジナルレシピの「鮎の春巻き」はもう!びっくりするようなお手間入りの逸品。鮎のほろ苦さも旨味もぜーんぶほおばっておいしく頂きました。これは食べてみないと分からない美味しさなのです。

最後のデザートの本わらび餅は皆さんで作りたてを頂きましょう、という粋な計らいで、有志の方が特設コーナーで、わらび餅の材料を火にかけて練り練り~作られました。楽しくておいしい宴の締めくくりの一品となりました。

皆さんからの「豪華なお料理で美味しかった~、楽しかったわ。ご馳走様でした!」というメッセージをいただき、ご一緒に三本締めで「居酒屋あーずろーかす」はお開きとなりました。翌日、早々に「次も楽しみ♪」というお声が届きました。
料理人の皆様、ありがとうございました。

(2019年6月16日 小柳 記)

 

 

2019年06月16日

スイーツを一緒に作ろう♪ 梅ジャムのパウンドケーキ

6月6日(木)、スイーツを一緒に作ろう♪で梅ジャムのパウンドケーキを作りました。
今日焼き込んだ梅ジャムは、春先にALから城陽の青谷梅林にハイキングに行かれた時に手に入れられた(梅酒を漬けた後の)梅の実を使ったものです。
今回、レシピを考えて下さった森さんが既に作って用意して下さった梅ジャムのいい香り~♪ これがケーキに焼き込まれるのか、とワクワクした気持ちでスタートしました。

 

材料を混ぜていくのはお手のモノ。
どんどん作業が進んでいきます。

 

 

 

 


混ぜ込み用には、よく煮込んだ梅ジャム
食感を残したあっさり梅ジャム
そして飾り用には深~い味わいの大き目の果肉が残った梅ジャム
と贅沢なコンビネーション!

 

 

 

 焼き上がりを待つ間のティータイム。

 

 

おいしそうな色に焼きあがりました!
後はアプリコットジャム&梅酒のシロップでお化粧して出来上がり!!

 

 

 

さすが興味を持っておられる方ばかりで、レシピを持って説明を聞いている時や焼き上がりを待っている時も、梅ジャムの作り方(種を取って煮る?そのまま煮る?とかお砂糖の量について)や3種類の梅ジャムを使って焼いた食感のこと等、話題は尽きません。きっと梅が手に入りやすいこの季節、お手製、市販の梅酒の梅の実などをオリジナリティも加味しながら、第2弾、第3弾と作られるのだろう、と伝わってきました。

また、気軽にスイーツを楽しく作れると良いなと思っています。
ぜひ、その機会にはご一緒に!
(2019年6月6日 小柳 記)

2019年06月6日